北投石原石・北投石ブレスレットを適正価格で販売「玉川温泉産専門」洸石

弊社は北投石(秋田県玉川産)を
専門に販売する秋田県出身の会社です。


北投石は、この広い地球の中で
「日本の秋田県玉川温泉」
「台湾の北投温泉」
この2か所だけの温泉成分が湯川に沈殿し生成され、何百年という歳月を経て結晶化される極めて貴重な宝石です。

コレクター・珍しい物が欲しい方のための玉川温泉産北投石の販売店です。
北投石を所有している方、地元の方から聞いた効果や体験談、また書籍などで読んだ使い方をお教えすることはできますが、ホルミシス効果・がん治療を目的とした方は自己責任でご購入・ご使用ください。

お知らせ

弊社公式のLINEアカウントを作成いたしました。
こちらからも、ご自由にお気軽にご質問ください。

QRコードの読み取り、LINE IDはこちら


LINE ID:hokutouseki.kouseki

当社所有の北投石一覧
↑クリック↑


秋田県玉川温泉の北投石とは

秋田県玉川温泉の大噴(おおぶけ)と呼ばれる源泉から流れる、湯川の川底に温泉の薬効成分が沈殿し、結晶化することで生成されていきます。北投石は一年間で0.2ミリ程度ずつ形成され天然のラジウムを有する、世界でも台湾の北投温泉(ぺいとうおんせん)と日本の秋田県にある湯治場として名高い八幡平玉川温泉の二か所でしか生成されない奇跡の石と呼ばれています。(形成される速度は500年で赤ちゃんのこぶし一個分と言われております。)
幾多の病を治癒してきた玉川温泉の、類を見ない驚くべき効能は、天然のラジウムによるものです。
1922年に天然記念物に指定、1952年には特別文化財に指定されており、文化財保護法によって、現在では一切の採取・持ち出しが禁止されています。(採掘は禁止されておりますが、当社では採掘禁止以前と証明できるものだけを譲り受けて販売していますので、法には触れておりません。)
北投石がラジウムを放射する期間は、1000年以上(半減期は、約1600年)と言われております。

玉川産北投石の中でも貴重な「渋黒石(しぶくろいし)」とは

1898年、当時玉川温泉は渋黒温泉と呼ばれ、北投石は渋黒石と呼ばれていました。
そのため、より下層に数千年をかけて生成された黒い北投石を渋黒石と呼んでおります。

黒く美しく輝き、硬度も高く、お手に取っていただければ、質感の違いなどから最高級と言われる意味が十分にわかっていただけると思います。
天然記念物指定以前の物しか入手できませんので、渋黒石の入手は今後とても難しくなると予想されます。

秋田県玉川温泉について

玉川温泉は秋田県の仙北市八幡平(せんぼくし はちまんたい)にある温泉です。
大噴(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から強酸性の98℃の源泉が毎分9,000リットルで湧湯しています。
一つの湧出口からの湧出量は日本一と言われており、湧出量、温度、薬効成分の含有量共に今も変わりなく湧湯し続ける素晴らしい温泉です。
テレビや雑誌などで、ガン(小児ガンを含む)治療をはじめとし、脳卒中などの重度の病を完治したという紹介が広く報道され、それ以降湯治に来る人が後をたちません。
現在、玉川温泉、新玉川温泉、湯治館そよ風の3施設が宿泊施設として存在しています。
3つの施設すべてが玉川温泉と同じ大噴の源泉を100%かけ流しで使用しており、大浴場の作りも似たように作られています。