HOME

原石、ブレスレット
焼山石(玉川温泉の溶岩石)
専門店


北投石 ラジウム石 玉川温泉
原石一覧

北投石 ブレスレット 玉川温泉 秋田
ブレスレット一覧

焼山石 玉川温泉 北投石
玉川の溶岩石 焼山石(しょうさんせき)

玉川のお風呂
家庭用温浴商品 玉川のお風呂

本物の原石を使用した
北投石のお風呂

北投石は、この広い地球の中で
「日本の秋田県玉川温泉」
「台湾のぺいとう温泉」
この2か所から湧き出す温泉の成分が湯川に沈殿し生成され、何百年という歳月を経て結晶化される極めて貴重な宝石です。


鑑別書について。

 

2種類の鑑別を受けている北投石販売店は他にありません。
お買い上げいただいた方と、お問い合わせをご検討されている方の参考になれば幸いです。

宝石系の分析機関による鑑別

鑑別書

鑑別書

鑑別したのは、当社で販売していた
No.007 76g 4.99μ㏜(販売済み)
No.012 40.3g 3.14μ㏜(販売済み)
上記2つの原石を鑑別してもらいました。

2枚目の画像に「原石2点とも含鉛重晶石(北投石の成分)であると認められます。」と記載されており、これが北投石の証明となります。


さらに・・・

北投石の最高権威の教授とお会いしました。

私は香川県へ行き、北投石の研究で博士号を取得しております香川大学の教授にお会いして、当社で所有している玉川温泉の原石を直接見てもらいました

「天然記念物指定前の本物の玉川温泉の北投石である」というサインをいただきました!

鑑別書

鑑別書

温泉の事、台湾産と玉川温泉産の原石の違いについてなど、色々と教えてくださって本当に感謝しております。

 

鑑別書の依頼

お客様から購入のお問い合わせの際、「鑑別書をつけてくれませんか?」
という質問があります。
当社販売の商品でしたら、鑑別書を取得することは可能ですがお時間がかかります。

 

鑑別機関への依頼には、1点につき別途「費用5万円」と、鑑別するための期間に45日程かかりますのでご了承ください。
鑑別中は商品を鑑別機関へ預けたままとなりますので、商品がお客様の手元に届くのには商品代金支払い後、約45日お待ちいただくことになります。
先に代金をお支払いいただくのには理由がございまして、お時間がかかる内に「必要無くなりました」「受け取り拒否」ということが度々あるからです。

 

30万円以上の商品につきましては、無償にて鑑別をいたします。
(商品代金お支払い後、約45日の期間を経てからの商品と鑑別書の納品となります。)

ブレスレット、焼成ラジウム鉱石の鑑別も可能です。

 

申し訳ございませんが、他社から購入された商品の持ち込みの鑑別依頼には対応しておりません。


放射線量の測定、種類について

「そちらで商品を購入し、自宅のガイガーカウンターで測定しましたが、反応がありません。偽物ですか?というお問い合わせがあります。

福島第一原発での事故後、国内メーカーから多くのガイガーカウンターが発売され、それ以前に比べるとガイガーカウンターは身近な道具となりました。

しかし、それらの安価なガイガーカウンター(1万円以下~4万円程度)の多くは北投石の放つアルファ線を測定できない物がほとんどです。
販売サイト、説明書などにかならず「測定可能な放射線は〇線、〇線です」などの表記がされています。
当社ではアメリカ製の「インスペクターUSB(約10万円)」というガイガーカウンターを使用。
自社で商品の放射線量を測定してお客様に提示しております。


原発事故による放射線と北投石の放射線の違いについて

 

環境省のデータには「福島第一原発事故により、環境中に放出された放射性物質で、健康や環境影響上、主に問題となるものは、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、ストロンチウム90の4種類です。」と明記されており、そのほとんどがベータ線、ガンマ線であることがわかります。
プルトニウムはウラン鉱石にわずかに含まれる以外はほとんどが人工放射線物質。プルトニウムにアルファ線が含まれていますが、北投石のアルファ線とは違います。

原発事故後、北投石のアルファ線や天然ラジウム温泉(放射能泉、ラドン温泉)も体に悪いと言われることが度々ありますが、原発事故やレントゲンの放射線とは全く別の物です。


秋田県玉川温泉の北投石とは

秋田県玉川温泉の大噴(おおぶけ)と呼ばれる源泉から流れる、湯川の川底に温泉の薬効成分が沈殿し、結晶化することで生成されていきます。

大噴


北投石は一年間で0.2ミリ程度ずつ形成され天然のラジウムを有する、世界でも台湾のぺいとう温泉と日本の秋田県にある玉川温泉の二か所でしか生成されない奇跡の石と呼ばれています。(形成される速度は500年で赤ちゃんのこぶし一個分と言われております。)

幾多の病を治癒してきた玉川温泉の、類を見ない驚くべき効能は、天然のラジウムによるものです。
1922年に天然記念物に指定、1952年には特別文化財に指定されており、文化財保護法によって現在では採取・持ち出しが禁止されています。(採掘は禁止されておりますが、当社では採掘禁止以前のものだけを譲り受けて販売していますので、法には触れておりません。)
ラジウムを放射する期間は、1000年以上(半減期は、約1600年)と言われております。


秋田県玉川温泉について

玉川温泉は秋田県の仙北市八幡平(せんぼくし はちまんたい)にある温泉。
大噴(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から強酸性の98℃の源泉が毎分9,000リットルで湧湯しています。
一つの湧出口からの湧出量は日本一と言われており、湧出量、温度、薬効成分の含有量共に今も変わりなく湧湯し続ける素晴らしい温泉です。
テレビや雑誌などで、小児がんを含む癌治療をはじめとし、脳卒中などの重度の病を完治したという紹介が広く報道され、それ以降湯治に来る人が後を絶ちません。

また、台湾での旅行や観光地でも現地の方が販売しています。
台湾産の原石も現在は採取・持ち出し・輸出(日本国内への持ち帰り)は禁止されております。